PixelJunk VR Dead Hungry

ゾンビたちの空腹を満たした時、奇跡は起きる…『PixelJunk VR Dead Hungry』がPS VRで登場!

    ¥1,833(税抜き)

    PixelJunk VR Dead Hungryとは

    『PixelJunk VR Dead Hungry』とは、プレイヤーはフードトラックのシェフとなり、パティやトマトといった食材はもちろん消火器といった普通は食べれないモノまで使って、ハンバーガーを調理する。自慢のレシピでゾンビを満腹にし、人間の心を取り戻させるのが使命の一味違うVRゾンビグルメアクションゲームです。

    ゾンビたちの空腹を満たした時、奇跡は起きる…

    ゴキゲンなメタルサウンドと古き良きアーケードゲームを彷彿させるビジュアルで独特な世界観が好評を博したあの「Dead Hungry」がPS VRタイトルとして登場!快適なプレイにこだわったVRゾンビグルメアクションを楽しもう!

    プレイヤーはフードトラックのシェフとなり、パティやトマトといった食材はもちろん消火器といった普通は食べれないモノまで使って、ハンバーガーを調理する。自慢のレシピでゾンビを満腹にし、人間の心を取り戻させるのが使命の一味違うVRゾンビグルメアクションゲーム。

    キッチンの中は常に戦場!現実のキッチンの様にテキパキと効率よく調理することがゲームの攻略に繋がる!

    • ハンバーガー:レタスやトマト、パティを組み合わせてバーガーを作ることが出来る。チーズなどのトッピングで更にゾンビの満腹度を高められる。具材には生で挟むよりも鉄板で焼くなど一手間加えることで、より効果を高められる物もある。
    • サイドメニュー:フライドポテトを揚げたり、ピザを焼いたりできる。ドリンクはゾンビの足止めにも使うことが出来る。
    • スペシャルレシピ:提灯や消化器、カセットプレーヤーなんてものまで挟むことが出来る。しかしこれらのモノは数が限られているので、いつ具材にするかが戦略性になる。

    腹を空かせたお客は待ってくれない!ゾンビの特性を見抜き、ハンバーガーを食らわせろ!

    左から

    • 女子高生ゾンビ:移動は早いが、少量の食べ物で満腹になる。
    • サラリーマンゾンビ:最もノーマルなタイプのゾンビ。
    • 相撲取りゾンビ:移動は遅いが、満腹にするためには多くの食べ物が必要になる。
    • 舞妓ゾンビ:ボスで火の玉を飛ばしてきたり満腹にするのに多くの食べ物が必要になる強敵。

    全30ステージがあり、出現するゾンビの種類や数の組み合わせによって様々な攻略方法が生まれる。

    こだわりの操作感

    PlayStation Move2本を使い、自然な操作を楽しめるのはもちろん、DUALSHOCK4でもL2ボタンで左手、R2ボタンで右手を操り、Move同様に両手で遊ぶのと同じ感覚でゲームが楽しめるようになっている。

    デモ版をやってみて気に入ったなら購入してもよいでしょう。全30ステージとボリュームもそこそこあるので、VRでは面白い部類に入ります。

    発売日 2017年10月25日
    カテゴリー
    対応ハード

    ,

    コントローラー

    プレイ人数

    ゲームメーカー

    まだレビューがありません。

    最初のレビューを投稿してみませんか?