グランツーリスモSPORT

史上最高の『グランツーリスモ』がついに姿を現した。PlayStation®4の性能の限界に挑んだ新次元のフォトリアリスティックなグラフィックス、プレーヤーを選ばない優しく奥深い新・自動車物理シミュレーション。写真の世界を根底から変えてしまう新しいフォトモード「スケープス」、FIA(国際自動車連盟)とのパートナーシップによる世界選手権を観て、楽しめる「スポーツモード」。フルスペックのフィーチャー満載ながら初心者への間口を大きく広げたシリーズ最新作『グランツーリスモ®SPORT』いよいよ登場。

    ¥6,900(税抜き)

    グランツーリスモSPORTとは

    『グランツーリスモSPORT』とは、大人気のグランツーリスモシリーズを一部VR化したレーシングスポーツゲームです。

    『グランツーリスモSPORT』では、世界中の自動車メーカーが開発したビジョン グランツーリスモのコンセプトモデルをはじめ、プロトタイプや実在するクルマを含めた全150以上におよぶクルマを収録。実在する人気レーシングコース、オーバルトラック、風光明媚なダートコース、公道をモチーフにした首都高速など17ロケーション、28レイアウトのコースが用意されています。

    本作では、ブレーキやステアリング操作をAIまかせにできるオートドライブを装備。初めてクルマを運転する人でも、不安なくクルマを走らせることが可能。

    ステアリング、アクセル、ブレーキ、姿勢制御、クルマの運転を助ける高度なドライビングアシスト機能を搭載し、プレーヤーのレベルに応じて自由にON/OFFすることができます。

    リアルとバーチャルの両方の知見を反映させた、最新の車両挙動シミュレーションを搭載。「リアルだからこそ運転しやすい」挙動シミュレーションを実現。

    世界で初めてFIA(国際自動車連盟)公認のチャンピオンシップを導入。同じ腕前やマナーのプレイヤー同士を組み合わせる「アドバンスドマッチメイキング」システム、マシンの性能を同等にそろえるBoP(性能調整)など、オンラインにおいて、フェアでエキサイティングなモータースポーツを実現。

    通常のPS4を使っての感想ですが、VRでの走行は他のVRドライブゲームより、酔いにくく感じます。車内のグラフィックはとても綺麗です。

    非常に残念なのは「VR対応」を謳いながら、本当にごく一部にしか対応していないこと。これで対応って言っちゃダメだろ〜、と言いたくなった。

    こちらはいろんなモードをVRで体感したくてウキウキしていたのに、相手車両1台のみのフリー走行的なモードとギャラリーしか選べないとは、詐欺みたいなものだ。VR対応はオマケみたいなものだと、もっと分かりやすく明記してほしい。

    発売日 2017年10月19日
    カテゴリー
    対応ハード

    プレイ人数

    ゲームメーカー

    その他

    ,

    まだレビューがありません。

    最初のレビューを投稿してみませんか?