BIOHAZARD 7 resident evil グロテスクVer.

『BIOHAZARD 7 resident evil』は、シリーズ最新作「バイオハザード7」は圧倒的な“恐怖”を具現化した作品です。

最新ゲーム機だからこそ実現できた、まるで自分自身が危機に直面しているかのような没入感。

そこにかつてない程の恐怖が生まれました。そして恐怖が圧倒的であるほど、自らの知恵と勇気で打ち克った時の味わいも格別となります。

    ¥2,769(税抜き)

    BIOHAZARD 7 resident evil グロテスクVer.とは

    『BIOHAZARD 7 resident evil』は、シリーズ最新作「バイオハザード7」は圧倒的な“恐怖”を具現化した作品です。

    最新ゲーム機だからこそ実現できた、まるで自分自身が危機に直面しているかのような没入感。

    そこにかつてない程の恐怖が生まれました。そして恐怖が圧倒的であるほど、自らの知恵と勇気で打ち克った時の味わいも格別となります。

    ゲームでしか体験できない究極の“サバイバルホラー”に挑んでみましょう。

    • ※本商品は、CEROレーティング「Z」相当となる「グロテスクVer.」です。
    • ※こちらの商品が含まれたセット商品もございます。重複購入にご注意下さい。
    • ※CERO「Z」のコンテンツ(ゲーム本編及び体験版)をご購入いただくには、クレジットカードによる決済が必要です。ご購入のときに、ウォレットの残高にかかわらず、コンテンツの価格と同額がクレジットカードからウォレットにチャージ(入金)され、支払われます。
    • CERO「Z」(18才以上対象):この作品には、18才以上対象の内容(CERO審査)が含まれています。18才未満の方には販売しておりません。
    助平
    うわっ!!血だぁぁぁーーーー!ギャーーー!!

    リッチマン
    助平の反応の方がホラーだな…

    一言で言うと、大げさではなく本当に怖いです。まるで、お化け屋敷に足を踏み入れているみたいです。PSVR特有の没入感がすごいです。
    TVモニター越しのプレイでは、同じ主観視点であっても、あくまでもTV画面に主観視点が写っているわけで、PSVRだと画面の中、つまり「その世界に身を投じている」に変わります。なので、360度に意識を持って行かれ、恐怖心は数倍に膨れ上がります。かつてには無かった、目と鼻の先に繰り広げられゼロ距離の恐怖を味わえます。
    まちがいなく、PSVRでプレイする『バイオハザード7』は今日において最強かつ最怖のホーラゲームでしょう。

    当然、グロテスクもあるホラーゲームなので、その影響が増大することで、トラウマになる可能性は高くなります。苦手な人はまず、PSVR無しでプレイしてからにしましょう。
    VR酔い(疲れ)を感じる人は多いと思います。

    発売日 2017年1月26日
    カテゴリー
    対応ハード

    プレイ人数

    ゲームメーカー

    その他

    ,

    まだレビューがありません。

    最初のレビューを投稿してみませんか?